KAMAKURA LIFEGUARD

鎌倉で活動するサーフライフセービングクラブ「鎌倉ライフガード」

NEWS お知らせ

全日本選手権結果報告

2011.10.10

10月8~10日@片瀬西浜海岸

「第37回全日本ライフセービング選手権」が開催され、
鎌倉ライフガードからは選手、オフィシャル、応援含め40名以上が参加してきました。

例年、9月中に東日本予選が開催され、その結果で全日本選手権への出場が決まりますが、今年度は予選会中止。
全選手が、全日本選手権へ出場することになりました。

3日間とも天候に恵まれ、波は2日目までほぼフラット。
穏やかなコンディションの大会でした。

全国から1000名以上が西浜へ集結し、試合を行ったため、タイムテーブルはとてもタイト。

結果的にみれば、決勝進出の種目はひとつもなし。
チーム得点は、CPRコンテストでのA評価(8点)のみとなりました。

しかし、準決勝への進出が増えるなど、昨年までと比べ着実にステップアップしています。

現状、成長、課題・・・メンバーは多くのことに気づきました。
ライフセービングは競技がすべてではありませんが、競技に勝つことは競技者としてとても大切なこと。

来年度に向け、すでにスタートをきりました。
競技会でよりよい成績を残すために、そしてよりよいパトロールをするために、クラブメンバー一同、高めあっていきたいと思います。
今後とも、応援宜しくお願いします。

そして今大会においてお世話になった皆さま、ありがとうございました。

全日本キャプテン
槇 仁彦






レース結果は以下の通り。

◆サーフレース
浦健太、坂本悠介、小峰千尋→一次予選敗退
山田萌弥以→準決勝敗退

◆サーフスキーレース
佐藤雄太、帯谷大樹→準決勝敗退

◆パドルボードレース
帯谷大樹、坂本悠介、吉野優一、長島恵介、成川大貴、小峰千尋、山田萌弥以→一次予選敗退
服部泰佑、浦健太、根来菜穂美→二次予選敗退

◆オーシャンマン
佐藤雄太→一次予選敗退
服部泰佑→準決勝敗退

◆ビーチフラッグス
太田真博、柴山直之、坂巻康治郎、中川健太、林亮太、根来菜穂美→一次予選敗退
梶谷友恵→二次予選敗退

◆ビーチスプリント
吉野優一、中川健太、梶谷友恵→一次予選敗退
林亮太、太田真博、柴山直之→二次予選敗退
坂巻康治郎→失格

◆2kmビーチラン
寺崎庸、大澤響、長島恵介、成川大貴→一次予選敗退

◆レスキューチューブレスキュー
服部泰佑、寺崎庸、中川健太、坂本悠介→失格

◆レスキューボードレスキュー
寺崎庸、浦健太→一次予選敗退

◆ビーチリレー
林亮太、柴山直之、坂巻康治郎、槇仁彦→準決勝敗退

◆CPRコンテスト
槇仁彦、長島恵介→A評価(A、B、C、3段階評価)

以上





pagetop

FACEBOOK twitter